Arabic Bosnian Bulgarian Croatian Czech Dutch English Estonian Finnish French German Hungarian Italian Latvian Lithuanian Norwegean Portugese Russian Swedish Slovenian Spanish Chinese

コロンビアの平和コミュニティに支援を!

·     この17年間、サン・ホセ・デ・アパルタドの平和コミュニティは、立ち退きの強要に抵抗し、非暴力を実践し、将来の世代のためにより良い世界を創るべく、力を合わせて活動してきました。
·     1997年の設立以来、この地域で殺害された農業労働者は200人を超えています。
·      土地に多くの経済的利益があること、そして不法な準軍組織およびゲリラグループが絶えず存在していることにより、コミュニティは常に重大な危険に晒されています。こうした状況下で所属メンバーの身の安全をさらなる攻撃から守るため、国際平和旅団(PBI)の力に頼っているというのが現状です。
2012年、憲法裁判所はコロンビアの行政機関に対し、サン・ホセ・デ・アパルタドの平和コミュニティの安全を改善するために至急適切な措置を講じ、コミュニティに対する犯罪行為を司法制度に基づいて裁くように命じました(裁判所命令164 – 2012年7月)。
しかしながらコロンビア当局は命令に従わず、コミュニティへの攻撃は現在も続いています。

これらの措置がすべて講じられない限り、平和コミュニティの住民の命は危険にさらされ続け、誰ひとり安全な生活を送ることができないのです。

コロンビア政府および司法長官殿

設立以来17年間、サン・ホセ・デ・アパルタドの平和コミュニティは執拗な脅迫、攻撃、嫌がらせ、虐殺に苦しんできました。コロンビアの行政機関が効果的な対策を講じるまで、コミュニティはこうした攻撃を受け続けることになります。コロンビア政府および司法長官府に対し、次の手段を講じ、憲法裁判所命令164(2012年7月)を完全に遵守するよう請願いたします。

  • コミュニティが直面する、進行中のセキュリティリスクを解決するため、人道安全地区の公認に向けた計画を策定する。
  • 過去の違法行為に対する処罰逃れに対処するため、司法委員会を設立する。

よろしくお願い申し上げます。

名:
姓:
国籍:
電子メール:

記入した情報を国際平和旅団(PBI)に提供し、今回の運動と、彼らが支援する他の運動について定期的な報告を希望します。